データベースエンジニアを目指す人へ~年収や求人探しのコツとは
Show MenuHide Menu

データベースエンジニアに向いている人

データベースエンジニアの仕事内容は、本来はすでに構築されたデータベースの運用などの見直し、データの保守管理やセキュリティの問題等の解決を図ることなどが主たるもので、基本的にはいったん開発されたシステム等の保守管理に類する仕事でした。
ところが、この仕事だけではなく最近ではこれら従来からある仕事と兼任で、アプリケーションの開発を行わせることで、開発から保守まで幅広く手掛けることも珍しくなくなってきています。そのため、このデータベースエンジニアとしての求人については、応募する側はその仕事内容をよく確認してからでないと、実際には開発から保守までを任されて、長時間労働が当たり前という環境に追いやられることも想定しなければなりません。

今後はこのように幅広く業務を任せれていく方向性は変わらないとされており、もしこの職種で働きたいと思う場合には、相応の知識と技術力が問われることになるでしょう。
また、元々長時間労働が当たり前の業界であるために、体力がないと勤まりません。健康に相応の自信があり体力も持つというような人がこの仕事には向いていると言えます。なお、技術や知識力は日進月歩の業界ですから、日々進化し続けています。その進化に対応が出来なければならず、若い間はともかく年を重ねてくると知識や技術の進歩に対応が厳しくなること、体力面の低下等により若手にその職を奪われる可能性が高くなることもあり得ると言えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です