データベースエンジニアを目指す人へ~年収や求人探しのコツとは
Show MenuHide Menu

データベースエンジニアが苦労する点

データベースエンジニアの求人案件は、一人でできる内容のものが多いです。したがって、業務を遂行するに当たって他のエンジニアの人と接点が持ちにくくなります。ときには一日中ひとりきりで仕事をしなくてはならないので、孤独感を強く感じることはあります。その点がデータベースエンジニアの最も苦労する点ではないでしょうか。

他のエンジニアなら、たとえばアプリケーション開発に携わる場合、チームを組んで仲間とともに目標に向かってやっていくので刺激もあります。しかしデータベースエンジニアにはあまり刺激もありませんし、コミュニケーションをする機会もないので、精神的に辛くなるケースも見受けられます。一人で仕事をするのが好きならいいのですが、他人と接点が持てないと情報が入ってこなくなる点もネックだと言えます。

仕事内容はかなり地味で、モニタ画面をずっと見続けていなくてはなりません。退屈することもあるでしょうし、ずっと椅子に座っていることが大変だと思うときもあります。外に出られない仕事なので、体内リズムが狂いやすくて夜寝られなかったりすることも多い仕事です。
自分で適度に太陽光を浴びるなどして、健康的な体内リズムの構築をするのが理想的です。拘束時間は長くなりがちなので、あまりにも我慢強くない人はこうした仕事は向いていないかもしれません。
上流工程を任されるようになると、こうした環境からは脱していきいきと活躍していくことが可能です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です